貿易事務に必要なスキル|セミナーでも学ぶことができる貿易事務はやりがいのある仕事

貿易事務に必要なスキル

講演

高い英語力は必須

貿易事務は世界中の国とコミュニケーションをとらなければならない仕事です。世界共通語としては、英語が主流のため、貿易事務の仕事をこなすには最初に高い英語力が必要になります。英語力を判断する資格として代表的なものがTOEICです。最低でもTOEICで500点以上は必要でしょう。もちろん高ければ高いほど採用される可能性が高くなります。英語は一朝一夕で身につくものではないので、毎日コツコツ勉強することが大切です。

貿易の知識やPCスキル

貿易事務はタイピングや文章作成など、パソコンの基本的な操作や知識が必要になります。普段からパソコンを触って慣れておくようにしましょう。そして、何よりも必要とされるものが貿易の知識です。具体的には輸出入の知識や貿易関係の法律、必要書類の作成などが挙げられます。この貿易の知識は実際に仕事を通して学んでいく方も多くいますが、事前に貿易実務検定や通関士などの資格をとっておくと面接の際も有利になります。

セミナーもある貿易事務

貿易事務の仕事に就きたい方のために、セミナーやスクールを行っている会社もあります。独学では難しい貿易事務関係の勉強もセミナーに通うことで効率よく勉強することができ一気に夢へ近づくことができます。スキル取得には最適の手段です。また、貿易関係の知識はグローバル化が進む現代では持っていて損する知識ではないため、仮に貿易関係の仕事に就くことがなくても役に立つ可能性が大きくあります。

貿易関係の仕事

通関士

通関士は貿易事務の仕事の中でも代表格でしょう。主な仕事内容としては、輸出入に関する資料の作成です。貿易でなりたっている日本の経済を支える重要な仕事です。国際貿易についての知識が必要ですが、やりがいは大きいでしょう。

海外向け営業

海外向け営業は海外へ向けて営業をかけることが仕事です。日本の製品を海外にむけて良さを伝える重要な仕事の1つです。英語をメインに使いながら新商品の説明や取引、交渉、書類作成を行います。

貿易事務

貿易事務は商社や銀行、大手メーカーなど様々な職種と関わりのある仕事で貿易関係の事務を処理する仕事です。日本と外国の貿易をスムーズにつなげる貿易事務は責任もあり、大変ですが、仕事をこなしたときの達成感は高い職種です。

外資系職員

海外に本社がある外資系職員には様々な職種があります。外資系職員は高いコミュニケーション能力と英語力、専門の知識が必要ですが給料は高い傾向にあります。日本の企業とは違い突然解雇されたり、結果が出ないとおいていかれることもあるので高い向上心が求められます。

こちらの記事もチェック

講演

貿易事務に必要なスキル

貿易関係の仕事の中でも人気で就職のしやすい貿易事務についての基礎知識を確認してみましょう。他にもこの記事では、貿易関係の代表的な仕事についてまとめています。

READ MORE
PC

IT企業の仕事

今の時代には欠かすことのできないIT企業の分かりやすい説明から仕事の内容や必要なスキルについてのせています。IT企業に興味がある方はこの記事を読んで理解を深めましょう。

READ MORE
セミナー

貿易事務の仕事内容

輸出入が大きな経済効果を出している日本では、貿易事務は必要不可欠の仕事です。そんな貿易事務の仕事内容についてまとめています。また、貿易事務専用セミナーについての情報も知ることができます。

READ MORE
広告募集中